デザインの現場から

2014年03月

2014.03.18

消化器系内科 設計

 そろそろ温かくなってきましたが、皆様いかがおすごしでしょうか?

さて、先日「ともの木クリニック」という消化器系内科をお引渡しいたしました。

こちらの物件は、ル・コルビジェに師事した建築家の坂倉準三さんが手がけられた建物。

ビルオーナー様の住居が上階にあり、バイオトープで大切に育てられた木々が

建物の壁面から顔をのぞかせています。

冬なので、上部の木々は少なく見えますが、春・夏には生い茂っています(^_^;)

木漏れ日と木々の影がGOOD!

以前は薄暗くどんよりしたイメージでしたが、白とウッド、またポイントのカラーですっかり明るくなりました。

中庭もいい感じ★ 外から見ても、このピンクの壁が効いてます。

院長、事務長、ビルオーナー様含め、皆さんに喜んでいただきました(*゚▽゚*)

病気になると気持ちが沈みがちになりますが、こういう待合なら少~し気持ちも明るくなりそうです。

ワークスにも、写真を掲載していますので是非ご覧下さい。

塩野