デザインの現場から

2015.01.29

動画活用・ディレクション基礎講座


タイトルが「動画活用・ディレクション基礎講座」。
何故?アッシュプランニングが?
と思った方も多いかもしれませんが、弊社は同グループで映像部門もありますので動画話もありな訳でございます。

という事で、クリエイティブ強化の一貫で、
「 WEB動画の現在とこれから」
「WEB動画導入の進め方」
「プロとアマの最大の差は、企画構成の考え方」
「動画制作のテクニックを知る」 の4つの軸で、構成される
宣伝会議さんの講座を受講してきました。


まぁ「改めて何でプロが受講するの??」と聞かれそうですが・・・
答えは1つ。
クライアントや代理店さんのニーズがどこにあるかを知る為
です。

同講座は、東京で100人以上集客した講座のようでして
そんなに世の中、動画に注目してるのか!?と改めてビックリした次第です。

日本も動画元年!と2013年あたりから言われてますが、
昔から映像=動画を制作している私たちとしては、そうなのかな?
という気持ちもあり。

ただ昨年は、お問い合わせの数自体でいうと実際に増えました。
今年のアドタイの第1面にも「動画に注目!」という記事が踊っていました。


そんな、こんなで・・・大阪講座を受講してきました。

社内で内制をされようと考えている企業さん。
動画を提案される予定の広告代理店さん。
また我々のような、クリエーター。
41名の受講生の方々が長時間の1日講座でしたが、
熱心に耳を傾けておられました。

動画というのは、スマホで撮影、編集、サイト公開まで出来てしまうご時世ですので誰でも簡単に、またお手軽に制作できるようになりました。
だからこそ、プロにしか出来ない提案や、企画力、構成力、具現化する力が
求められています。

また、宣伝会議の取材を受けた時にもお話したのですが、
最近のお客様は、動画制作することが目的になってしまいがちです。
動画はあくまでも、右脳を刺激するツールであり、ニーズをビジュアル化する大変有効なツールです。

目的は、お客様の課題を動画を通じて解決すること。
ライザップじゃありませんが
結果にコミットできる動画制作+活用方法(媒体・拡散・効果検証など)まで
提案できるワタシ達であり続けます。

photo by TZA 

PS
前回の田野井がアップした東京ステーションホテル楽しそうでしたね~★
北吉から「滞在時間が長い場所は、随所に計算や工夫があるから勉強になるよ」とアドバイス受け、私も大阪の主要なホテルは泊まり歩きました。
やっぱりサービスやアメニティなど含めて、ブランドを感じる上で、
体感することは、本当に大切だと思います。

塩野恵麻