設計事務所を選ぶポイント

街の中を歩いていると、魅力的なデザインの建物を目にすると思います。
見た目の外見にこだわっている店舗や独特な雰囲気の内装作りなど、そのお店の個性があふれています。
また、店舗設計によってお店の印象がほぼ決まるので、今後の利益にも影響するでしょう。
お店の魅力を左右するほど、重要な意味を持っている店舗設計ですが、業者選びを行う際も慎重に考えるように心がけてください。
では、デザイナーや設計事務所を決める時はどのようなポイントに注目すれば良いのでしょうか。

1、デザイナーとの相性が合って、信頼できる会社なのか

まず、依頼する前に自分のお店のデザインをイメージしておきましょう。
何となくでも大丈夫です。自分が過去に行ったお店、好きなお店、こんな風なのが良いというデザインのイメージや、お客様に提供するサービスや価格、特徴、総予算など、手書きでも良いので整理してみてください。それらをもって雑誌やサイトなどで、そのイメージに近い設計事務所を探してみましょう。電話や面談で考えている内容を伝え、意思の疎通がスムーズかどうか試してみてください。じっくり話し合うことで、ご自身のイメージを引き出し、想像していた以上の提案が出てくれば信頼性の高い会社といえます。デザイナーがあまり要望を聞いてくれないと感じた時は、しっかりとその旨を伝えましょう。きっと理由があるはずです。

2、デザインやレイアウトの提案力に優れているか
お客さまの考え通りに設計することが一番大切ですが、それに対してプラスαの意見を提案してくれる方に依頼することをおすすめします。デザイナーが書く図面の線1本1本に意味があります。丁寧に説明をしてくれる、ご自身が納得してデザイナーの提案を受け入れる、さすがプロだなと感心するなど、プラスαが積み重なることで、自分の思い描いていた理想を超えるお店に仕上がっていくでしょう。

3、これまでの実績が豊富なのか

会社の設立がまだ間もない場合は、実績があまりないので不安が残ると思います。
これまで手掛けた設計や施工実績をチェックすることで、その会社がどのような仕事をしてきたのか知ることができます。依頼する前に必ず設計事務所のサイトを見て、自分のイメージに合うかチェックしてください。
このような点に注目しながら、信頼のできる会社選びを行いましょう。

当社では、大阪に本社、東京に事務所を構えているインテリアデザイン会社です。
大阪や東京以外にも横浜や京都、名古屋などの都市部付近を中心に、デザイン設計に取り組んでいます。
これから店舗や事務所の設計を依頼しようとお考えの方は、当社にお気軽にご相談ください。