オフィスデザインをする際に考えること

オフィスデザインは店舗デザインとまた違った視点が必要となってきます。
オフィスのレイアウトをするときには、店舗デザインと同じように動線を考える必要があります。しかし店舗動線とは異なり、お客様動線に重点を置く必要がありません。
オフィスは、基本定期に社員が過ごす場所です。お客様は窓口で対応し、必要があればオフィス内に案内をするので、ほとんどお客様動線を考える必要がありません。

・オフィスにおける動線のポイント
オフィスでは基本的に、ひとりひとりが自分の机でデスクワーク作業をしています。
座っている時間が長く、従業員の居心地の良さを中心に考えていく必要があります。

対面式、背面式、スクール式、ブース式、円形形、オープンスペース、フリースペースなど、企業の業種や業務内容により、レイアウトも異なります。最近では、ノマドスタイルの業種も増えていますので、カウンターとハイチェアや、スタンディングなども登場しています。従業員の居心地の良さと作業効率のバランスを熟慮することがオフィス設計のポイントになります。

・効率よく動くには

効率良い、無駄な動きをしないためにも、機械類の位置は重要になります。
特にプリンタは不当低多数の人が使うものですが、仕事の内容によって頻繁に使用する人とそうでない人が出来てきます。やはり、頻繁に使用する人の近くにプリンタは設置すると無駄がないと言えます。資料が詰まった書庫、すぐにミーティングできるスペースなど
個人のワークスペースから頻繁に使うモノの場所までの動線をいかに短くできるか、ということが大切です。

オフィスデザインでは、仕事上の効率に重点を置いて考えるようにしましょう。但し、クリエイティブな業務の場合は、寄り道や無駄なスペースも必要です。

当社では、企業の業績をアップさせるオフィスデザインを東京、横浜、名古屋、大阪、京都などでおこなっています。            ぜひご相談ください。