基本構想(業務及びデザインの方向性)

基本構想とは、依頼された企画の実現に向けて建築主と充分な打合せを行ない、それに伴う調査および計画を立案するものです。
それはつぎの業務よりなっています。

■現場調査
■現地制約に対する事前協議(ビル側/行政側)
■クライアントとの業種に基づく要望打合せ
■基本計画(平面計画/立面計画/照明計画/パース作成)
■コピーライト及びサイン計画
■見積り業者の選定

基本設計

基本設計とは、前記の基本構想に基づいて詳細な設計を進め、工事の実施に必要であり、また工事施工者が工事費内訳明細書を作るために必要な設計図書を作成することをいいます。
それはつぎの業務よりなっています。

■基本設計図の作成(配置図、平面図、天井伏図、展開図、断面図、照明計画、家具図)
■仕様書及び素材表の作成
■コピーライト及びサイン計画
■設備業者より提出される設備設計の調整
■見積り業者への説明

実施設計・監理

実施設計・監理とは、建主の代わりに工事内容について図面に基づき、検査し判断していくことです。

このような立場で監理する人がいないということは、建主自身が監理を行うか、施工者が自分で自分を管理していくことになります。建主自身で監理することはかなりの時間とエネルギー、知識が必要になってきますし、施工者自身の自主管理となると、良心的な施工者でも、自分で自分を管理することはどうしても甘くなりがちで、不利益になることはできるだけ避けていきたい気持ちにもなります。そのためにどうしても施工者の考えを優先した施工にもなりますし、最悪の場合手抜き工事をされてしまう可能性もあります。
監理業務の主なものは、

■工事費内訳明細書の内容を調査し、それらについて意見を述べ、監理技師としてチェックする。
■施工業者より提出される施工図、設備図などをチェックする。
■提出された見本から、材質や色を確認し、色彩や材料の決定を行う。
■設計図書だけでは表現しきれない現場にて発生する質疑に対する打合せ及び指示を行う。
■各工程での工事検査を行う。
■変更事項による追加分や減額分の工費の調整を行う。

このように建主の代わりに専門的な部分を適宜に確認し、総合的な視野でアドバイスしていくことによって、思い違いによる手戻りや手直しを出来るだけなくし、工事がスムーズに進むよう配慮します。
変更事項がでてきても、合理的に処理し、不要な出費を抑えるように助言します。
お金に関しては後々のトラブルのもとにもなります。満足出来る施設創りを実現するためには、設計とともに監理という業務がどうしても必要になってくると考えます。