FLOW 開店までの流れ

1. 事業計画

まずは綿密な事業計画を

資金を借り入れる際や、物件の契約にも事業計画書が必要です。店のコンセプトや売り、ターゲットを明確にすることで、物件の立地や条件、どんな内装会社を選んだらいいかなども自ずと絞られてきます。
事業計画と共に資金計画も立てましょう。自分で準備できる予算と金融機関などでの借り入れできる金額に対し、実際にかかる費用はどの位なのかというのを明確にし計画を立てましょう。(保証金、家賃内装費、スタッフの賃金、商品や材料の仕入れ・・・etc.)
工事を始めてから「資金が足りない!」では後の祭りです。事前にしっかり計画を立ててスムーズな出店が出来るようにしなければなりません。