FLOW 開店までの流れ

7. 各種提出

それぞれのお店に必要な許可・有資格者の確認を

飲食店や美容室を開業する場合、衛生法規に基づく営業許可が必要です。申請をするのは、所轄の保健所です。それぞれ、お店の作りや設備に規定があり、それが満たされていないと検査を通りません。まずは着工前に平面図を持参し、相談しておけば安全です(事前協議)。書類の提出は竣工の1週間前くらいに、申請書とそれぞれの申請に必要な書類、設計図書など揃え、保健所に持参します。
この時、検査の期日も確認しておきましょう。また申請の際、それぞれのお店に必要な有資格者の設置が必要になります。飲食店の場合、調理師、栄養士、製菓衛生士免許のいずれも持っていなければ、所轄の保健所が実施している「食品衛生責任者」の講習を予め受けなければなりません。これが無いとやはり営業許可は降りないので、注意しましょう。
また、パチンコ店やゲームセンター等は、風営法に基づく営業許可が必要です。風営法は許可が降りるのにかなりの時間を要しますので注意しましょう。