オフィスをデザインするメリット

これまで、仕事をする上でオフィスの「デザイン性」というのはないがしろにされてきました。                        確かに仕事をする場で、デザインを気にする必要はないかもしれません。
しかし、オフィスのデザインを改善することにより、会社・企業には多くのメリットがあるのです。                     近年では「できる会社はオフィスが違う。」と言われています。
こちらでは、そのオフィスをデザインするメリットについてご紹介をさせて頂きます。

・ファーストインプレッションを高める
第一印象が大切といわれていますが、それは人だけではありません。
その場を訪れた瞬間に「感じる何か」もとても大切です。オフィスのエントランスが汚れている、通路に荷物が積み上げられている、会議室のテーブルや椅子が傷んでいる・・・そんなオフィスを訪れた時、何だか冴えない気持ちになりませんか?年数が経っていても、きちんと清掃され、片付けられている。お客様をお迎えする気持ちが感じられます。
良い仕事を受注する為には、オフィスデザインにおけるファーストインプレッションはとても大事です。

・優秀な人材確保や流出防止に繋がる
優秀な人材確保の為に、求人広告や説明買いなど、膨大なコストと労力がかかります。                         近年における若者の求職者が、企業を選定するポイントとして、職場環境の優先順位が高いという状況があります。        その観点からみてもオフィスのデザイン性は非常に大切です。
また快適なオフィス空間ならば、会社・企業を離れることも少なくなることでしょう。
毎年かかるリクルーティングのコストを考えると、オフィスを少しキレイにするだけで
優秀な人材が確保でき、流出防止ができるなら、費用対効果は高いと思いませんか?


・社員のモチベーションを高め、生産性を向上させる

オフィスのデザインを快適にすることは、社員のモチベーションを高めることに繋がります。仕事をするということは、1日の生活において3分の1をオフィスで過ごすことになります。                                                 その仕事をする場であるオフィスが、快適に過ごせないと社員もフルで能力を発揮することができなくなります。
ですが、社員が快適に過ごせるデザイン設計をすれば、社員も快適に過ごせ、それがモチベーションアップに繋がっていくのです。社員のモチベーションがアップすることは、そのまま生産性の向上へと繋がります。
このポイントは、会社・企業にとって大きなメリット言えるでしょう。

・コミュニケーションの活性化
会社・企業において、社員間のコミュニケーションは重要なファクターを占めます。
そのコミュニケーションの活性化に、オフィスをデザインすることは役立ちます。
会議室といった空間が快適に過ごせるものなら、社員間のコミュニケーションも、より活性化できることでしょう。
社員間のコミュニケーションが活性化すると、業務の効率UPが見込めます。


他にも、オフィスをデザインするメリットは多くありますが、特に重要なポイントをご紹介しました。

そして当社では、そのような多くのメリットをもたらすオフィスデザインを提供しています。
大阪に本社を、東京に事務所を構え、京都や名古屋、横浜といった都市部を中心に全国で快適なオフィスデザインを提供しています。

多くのメリットがあるオフィスデザインを、どうぞ当社にお任せ下さい。