店舗動線を考える

店舗デザインを考える際にはコンセプトが必要である事はもうご存知ですよね。
コンセプトを決めたら、次は店舗のレイアウトを考えましょう。
店舗レイアウトを決める際のポイントは、動線です。

・動線とは
動線とは、読んで文字の如く「動きの線」のことで、店内における従業員の動き、お客様の動きを記したものです。
店内での動きがスムーズに出来なければ、その空間で過ごしにくくなってしまいます。お客様も従業員も動きにくくなり、上質なサービスを提供する事が出来ません。
スムーズな動線が引けるように、店内をレイアウトする事が大切です。

・動線を考えるポイント
動線には、従業員の動線を示すサービス動線とお客様動線の2つに分ける事ができます。
サービス動線はレジの位置を基本に考えます。無駄な動きを少なくするために動線は短く、そしてお客様動線とぶつかってしまわないように考えなければなりません。
従業員の動きがお客様の動きを邪魔しては意味がないので、この動線のぶつかりは特に気をつけるようにしましょう。
また、効率よく動ける事によって、従業員の人件費の削減も可能になります。

逆にお客様動線は長く、店内をめぐるようになっているべきです。
お客様動線のコツは業種によって異なります。アパレルショップなら、複数のお客さんが店内を歩いている時を想定する必要があります。動線を作成する事で、人がすれ違う時に通路が狭くはないか、人の通らない通路を作っていないか、などの店内の様子をイメージする事ができます。
人の通らない通路においてある商品は、手にとってもらえないので、売上にも大きな影響を及ぼしてしまいます。また、動線を考える事で鏡の位置や新商品の配置場所、店内のディスプレイを決める事ができます。

・通路設定の基本条件
店舗レイアウトを考える際に、お客様が歩く通路は以下の基本条件があります。
・入り口はひとつ 複数の入り口では目に入らない商品が出てきてしまいます。
・両側に魅力的な商品を置く
・通路は太く
・長い動線になるように
以上のポイントを踏まえた上で動線やレイアウトを考えましょう

当社では、大阪・東京・京都,・名古屋・横浜などで店舗デザインのお手伝いを行っています。単に「動きの線」だけを考えるのではなく、カスタマー・ジャーニー・マップを作成し顧客体験の分析も合わせて行います。集客力のある店舗デザインは、ぜひご相談ください。