医院やクリニックにおける空間デザインのコツ

医院やクリニックが増えているなか、求められているものは医師の技術だけでなく、居心地のいい、安心できる空間であることも含まれているように感じます。
医院やクリニックなどの病院にはできるだけ行きたくないもの、誰でも病院のドアを開けるときは不安になります。
その不安を解消するには空間デザインを工夫することです。
病院の空間デザインは一般的な商業デザインと異なります。
そこで医院やクリニックにおける空間デザインのコツを紹介します。

医院やクリニックにおける空間デザインのコツ
・外観デザイン
患者様に選ばれるための外観でしたら看板代わりになるようなインパクトのある外観で、医院やクリニックの存在をアピールする必要があります。
しかし、ただ派手でインパクトがあるものという訳ではなく、街と調和し清潔で信頼性が表現されていなくてはなりません。
診察の内容や設備を充実させることはもちろん大切ですが、足を運んでもらうためにクリニックの顔づくり(外観)に力を入れることが重要になります。

・患者様の不安を取り除くデザイン
病院という非日常的な空間から日常的な要素を取り入れるようなレイアウト、内装をします。病院というと衛生面を強く意識した無機質で冷たい印象がある方も多いでしょう。
そこで、エントランスや受付まわりは特に、温かみのあるウッド調を取り入れたり、柔らかい印象になるような照明計画を取り入れます。
そうすることで少しでも、患者様の不安を取り除き、安心して訪れやすい病院になります。

作業効率の良い、働きやすい環境の空間デザインは、スタッフのモチベーションを向上させます。一見すると些細なことかもしれませんが、カルテが取りやすい、裏動線が広いなどで動きがスムーズになり、行き届いた患者様への配慮につながります。
そうすることで医院やクリニックの評価が高くなることでしょう。

当社は大阪が本社所在地ですが、これまでに兵庫、京都、滋賀など関西を中心に医院やクリニックの空間デザインに携わってきました。ぜひ、これまでの実績を生かし、医師の理想の医院や医療に対する考え方に沿った空間デザインを行います。
これから、医院やクリニックの開業や移転、改装などをご検討されているならぜひ当社にお問い合わせください。