居心地の良い空間創りについて

皆さんは、空間デザインという言葉を聞いたことがありますか?

空間デザインとは、その場で伝えなくてはならないメッセージを、あらゆる手法を用い空間に込め、言葉を発し、「わくわく」や「どきどき」を人々に与えることのできる極めてメディア性の高い感動のデザインとすることです。 原点としてのショーウインドウ&ディスプレイ、そしてエキシビション、ショールーム、プロモーション、文化空間、商業空間、エンターテインメント空間。さらには、建築、都市、ランドスケープなど、コミュニケーションによって人々の心を「いきいき」とさせる空間を創造する。(出展:日本空間デザイン協会)
空間デザイナーの別の呼び方をスペースデザイナー、建築家、空間プロデューサー、店舗デザイナーといいます。

・コンセプトカラーを決める
その場にいるとどんな気持ちになるか?またなりたいか?させたいか?を考え、コンセプトカラーを決めていきましょう。空間だけでなく、商品やサービス、ロゴなどとトータルにコーディネイトすることが必要です。
色の効果をうまく利用することで、感情や行動をコントロールすることができると言われています。
赤:やる気、行動力がアップ
青:静か・落ち着いた、冷静沈着」を表す知性の色
緑:安心感、疲れを癒し、心を落ち着かせるリラックス
オレンジ:明るい気持ちになる、コミュニケーションに最適
黄色:意欲や向上心を高める、集中力を高める
白:純粋・清潔、潔癖、 無邪気
茶色:正直で誠実、信頼できる人間、落ち着いた

・個性をいかす
立地や、物件、条件など、空間デザインを行うにあたり、様々な制約が出てきます。
その制約を愛し、どのように工夫すれば、最適な空間になるかを考え、デザインしていきます。天井が低い、逆に高すぎる、正方形じゃない・・・など、様々は諸条件をクリアしていくとオリジナリティがうまれます。難しいかもしれませんが、着眼点を変えることで「?」が「!」になる瞬間があるのです。

弊社では、店舗やオフィスの設計・デザインに取り組んでいます。本社は大阪、事務所は東京にございますが、京都や名古屋、横浜など各地のデザイン設計を行っているので、柔軟にお客さまのご依頼にお応えできると思います。これから、お店やオフィスを構えようとお考えでしたら、当社へお気軽にご相談ください。