2010 Lumiere

京都の町屋が並ぶ和洋式な風景の中に、あえて大きな白壁をプレーンに計画した外装が個性を強調している。
特に夜、『Hair&Make Lumiere』のサロンの名が浮かび上がるようにし、存在感を際立たせた。営業面積は49.5㎡と決して大きくはないが、白を基調とした内装によって数字以上に広い印象を与える。
『Hair&Make Lumiere』では、限られたスペースをいかに有効に使い、大きく見せるかを重視した計画とした。そのため壁一面にスタイリング用の鏡面を設置すること で、裏側を大きな収納としただけでなく、空間の平滑化と、より空間を大きく見せるという3つの機能を持たせた。また、隣のお客様と目が合わないように、グ ラフィカルな処理を施してある。シャンプースペースは、ミニマムなスペースに設けてあるため、閉塞感を感じないよう、通路との境界はストリング(ひも状) カーテンで仕切るようにした。
奥に設置したVIPルームは、壁面をパターン柄とすることで、モノトーンでシックなイメージの中にゴージャス感を加えている。

CATEGORY:
Beauty Salon